スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

宮本常一の歩いた里山は今(比和町三河内)

さとやま”三河内”の田園風景を紹介するビデオを作りました。

宮本常一さん(民俗学者)は1959年に三河内を歩いて調査されています。彼はこの”歩く,見る,聞く”旅で何を感じたのでしょうか。その感動を多くの人に味わってもらいたいと思います。
今の景色は圃場整備によって当時とは変わっていますが,鉄穴流しの跡地のすり鉢状の地形の中に広がる棚田とその中に点在するカンナ残丘は先人から受け継いだ現代のさとやま風景です。”こんな景色はなかなかない”と誇れる里山の景色を見においでください。

ビデオで使っている曲「小さな自然博物館」は,比和町出身の奥田祐子さんと”奥田祐子とザ・わたしたち”の皆さんに作っていただき,歌ってもらっています。


里山風景写真追加予定(四季の写真)

最新の投稿

比和山八幡神社の古来の社号は比婆宮(日和宮)

吾妻山植物観察会で撮影した草花(9月3日)